2018年上半期(1-6月)の全国企業倒産4,148件。
業種によっては倒産が増加し続けている中、あなたの会社やビジネスは大丈夫!と言えますか?

もし少しでも不安を感じているならば、今すぐ以下の動画をご覧ください。
ITの聖地シリコンバレーで、私が体験した内容がお役に立つかも知れません。

動画の内容

  • なぜ、飛行機 嫌いな渡部がシリコンバレーに行ったのか?(最初メンターに絶対に行かない!と言ったのに…)
  • メンターに「渡部さんは絶対に行くべきだ」と言われた理由
  • 日本の企業とは全く逆!お手本にしたい海外企業の働き方
  • なぜ、シリコンバレーで日本人は成功しないのか?
  • 逆に、シリコンバレーで成功する人の条件とは?
  • 日本のスタートアップ※とは100倍レベルが違う!Plug and Play とは?
  • Facebookがインスタを10億ドルで買収したバイアウト戦略※
  • シリコンバレーの会社と日本の会社の決定的な違い
  • 挑戦には失望経験も必要!「海外で成功するのは無理…」から1年後には海外進出
  • なぜ渡部は、シリコンバレーに行く前からアジア進出を考えていたのか?
  • 日本人がGoogleになれないワケ
  • AppleやGoogleに日本人が憧れても無駄な理由
  • 日本の経営は「深く」「広く」「永く」すること
  • 2020年以降も生き抜くには、グローバルな視野を持つことが必須になる
スタートアップとは、短期間でイノベーションや新たなビジネスモデルの構築、新たな市場の開拓を目指す動き、または概念です。
バイアウトとは「買収」を意味します。金融業界では主に株の買い占めによる企業買収を指します。 株式会社は持ち株が多いほど発言権が大きくなり、持ち株を多く持つことによって経営者になることもできます。

この動画で一番お伝えしたいことは、以下になります。

成功には失敗も失望もつきもの

私も凹む時は凹みます(笑)大事なのは、そこからどう考え、行動していくか?だと思います。

今回の動画から、その辺りも含めて何かを感じとって頂ければ幸いです。

ITの聖地!シリコンバレーから学ぶ、
グローバルマーケティングの必要性(22分55秒)

そして、この動画を収録(2016年11月に収録)した翌年

  • 2017年にはマレーシアに会社設立
  • 2018年にはケニアに事業を展開
男性
おいおいホントかよ!?なべっち、作り話じゃないの??

と疑う人もいるかも知れないので(笑)、2016年当時、シリコンバレーに行くキッカケを作って下さった「ペンシルアカデミー」さんよりインタビューを受けた動画があるのでご覧ください。実話だというのが一目瞭然だと思います。

インタビュー動画とありますが、会社運営やビジネスにおいて「超」大事なことをメンターがサラッと言われています。

ご覧いただくと、経営者の方は奥深く突き刺さる内容だと思いますし、個人事業主の方にも刺さる内容だと思います。

尚、6分40秒に出てくる「スタジオ」は、以下のスタジオ会社を立ち上げたことを指しています。

無料で「最強の戦略」をプレゼント!

これからビジネスで大きな売上をあげて行きたいならば、「〇〇といえばこの人」と言った「ニッチなパイオニアのポジション」を確立することが必要不可欠です。

なぜならば、ネットで似たような商品や情報がありふれている今の時代、商品の特徴や差別化だけでは売るのが難しくなっているからです。つまり、「何を買うか」よりも「誰から買うか」が重要視されるのです。

5流高卒低学歴・転職8回の凡人の私が、インターネットで爆発的な商品販売を成功させることができたのは、まさに「〇〇といえばこの人」を確立させたからに他なりません。今回、私(渡部)がどのようにして、全くのゼロからポジションを取り成功させたのか?その裏側の全貌を明かした極秘レポートを無料プレゼント!

Twitterでフォローしよう

おススメ記事
おすすめの記事